Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

写楽の眼・恋する歌麿

18/4/1(日)~18/5/6(日)

東京都江戸東京博物館

浮世絵師の東洲斎写楽と喜多川歌麿は、すぐれた描写力により、18世紀後半を中心に江戸文化の最前線で活躍。版元の蔦屋重三郎によって才能を見出され、世に送りだされた2人の浮世絵、特に写楽の役者大首絵、歌麿の美人大首絵は、人々に新鮮な驚きを与えた。彼らの名作は現代でも高い人気を誇っている。本展では、同館所蔵の写楽・歌麿による浮世絵版画作品と関連資料30点を厳選し、展示。この中には、初公開となる作品も含まれている。その一つ、写楽の《市川鰕蔵の竹村定之進》の力のこもった目の形象は、江戸東京博物館のロゴマークデザインのもととなったもの。江戸に花開いた浮世絵版画の世界が楽しめる展覧会。

開催情報

9:30〜17:30(入館は閉館の30分前まで)、4月9日、16日、23日は休館

※土曜日は19:30まで

料金

一般600円、大学・専門学校生480円、中学生(都外)・高校生・65歳以上300円

※中学生(都内)・小学生以下無料

出品作家

アーティスト
竹久夢二

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play