Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

線の造形、線の空間 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸

18/4/14(土)~18/7/16(月)

菊池寛実記念智美術館

竹工芸の作品は、しなやかで強度のある竹の特性を生かし、編組(へんそ)技術によって形づくられる。竹を割り、削って加工した多様な「線」は豊かな表情や質感を示し、作品に応じて選ばれ、巧みに用いられ、そして「線」の連なりは、構造と同時に装飾ともなり、空間を包み透かして立ち上がる竹の造形を創出する。竹工が職人的な技芸を超えて、個人の表現として追求されるようになるのは大正、昭和期のこと。本展では、その時期に東京を拠点に活躍した飯塚琅玕齋(1890‐1958)と大阪・堺を拠点に活躍した初代田辺竹雲斎(1877‐1937)を中心に、琅玕齋の兄・二代飯塚鳳齋(1872‐1934)、琅玕齋の息子・飯塚小玕齋(1919‐2004)、そして二代竹雲斎(1940‐2000)、三代竹雲斎(1941‐2014)、四代竹雲斎(1973-)の作品を展示。二つの家系、作家7人の作品120点余によって、大正、昭和、そして現在までの竹工芸作品を見渡し、各作家が既存の技法や前の世代の制作を革新させてきた「線」による立体造形の魅力を紹介する。

開催情報

11:00〜18:00(入館は17:30まで)、月曜日休館(7月16日は開館)

料金

一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円

※未就学児は無料

出品作家

飯塚琅玕齋 田辺竹雲斎

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play