Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

クライネス・コンツェルトハウス op.36

18/9/10(月)

東京文化会館小ホール

ヨーロッパから帰国した小澤洋介、三戸素子が1993年に有志と共に活動をはじめた音楽集団。弦楽四重奏を核とし多彩な室内楽を展開、2007年からはオーケストラまで発展している。室内楽と同じくオーケストラも、メンバー全員が信頼しあい多くの練習を共有し、国際的な感性で音楽を活き活き自由に表現することを目指す。 これまでに女優・蜷川有紀とのハイドン「十字架上の七つの言葉」のコラボレーション、日本R.シュトラウス協会例会、メキシコ・シナロワ音楽祭、ヨーロッパ演奏旅行に招待され好評を得てきた。クライネス・コンツェルトハウスは「音楽の友年間コンサート・ベストテン」に何度も選ばれ、NHKFM出演、貴重なフィビフとドホナーニのCD録音も行っている。 現在、自由学園・明日館で後期ベートーヴェンとバルトークの弦楽四重奏曲を中心とした室内楽例会等を、東京文化会館小ホールにてオーケストラを中心とした定期公演を行っている。36回目を迎える今回はここ数年来取り組んでいるハイドンとベートーヴェンの交響曲。

M.ハイドン:歌劇「花嫁のレベッカ」序曲/J.ハイドン:交響曲第103番「太鼓連打」/ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 op.92

公演情報

ジャンル
オーケストラ/ピアノ/他

料金

自由5,000円

キャスト&スタッフ

指揮、チェロ
小澤洋介

コンサートミストレス:三戸素子

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play