Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

酔いどれ詩人になるまえに

07/8/18(土)

銀座テアトルシネマ、シネセゾン渋谷にて公開

若き日のカルト作家をマット・ディロンが体現

カルト的人気を誇るアメリカの作家チャールズ・ブコウスキーの自伝的小説を、『キッチン・ストーリー』で注目されたノルウェーの俊英、ベント・ハーメルが映画化。酒とセックスに溺れながらも、自作の詩や小説を出版社に送り続ける自称“詩人“ヘンリーの退廃的な日々をオフビートに描く。主演は『クラッシュ』の名演で再評価されたマット・ディロン。

酒と競馬、女に明け暮れる男、ヘンリー・チナスキーは荒れた日々を送っていた。タクシーの運転手、缶詰工場、清掃人・・・・・・次々と職を変えるも続かないみじめな日々。しかし、彼はどんな時も自作の詩や小説を出版社に送り続けることだけは止めなかった。

上映情報

ジャンル
人間ドラマ
原題
FACTOTUM
制作年・国
2005/米=ノルウェー
配給
バップ=ロングライド
ヘッド館
銀座テアトルシネマ、シネセゾン渋谷にて公開
上映時間
94分
公開日
2007/8/18(土)

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play