Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

洋画から新日本画へ ―山口蓬春の飽くなき挑戦―

18/12/1(土)~19/2/3(日)

山口蓬春記念館

日本画家・山口蓬春(1893-1971)の画業を顧(かえり)みるとき、ひときわ特徴的なのは、本格的に油彩画を学んだ後に日本画家になったということだろう。少年の頃より水彩画に熱中し、白馬会絵画研究所で油彩画を学んでいた蓬春は、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学、在学中にその才能を開花させる。しかし、自身の日本画への可能性を見出した蓬春は、改めて日本画科へ転科、首席で卒業したときには30歳になっていた。その後、日本画家としての頂点を極めた蓬春だったが、「はじめ日本画をやっているときは、油絵の技法というものがどうもじゃまになりましたね。それに当時は印象派がはいってきたときですがね、観察方法から画題の選び方までずいぶんなやみました。」(『サンケイ新聞夕刊』昭和40年〔1965〕12月14日)と語るように、その道のりは平坦ではなかったた。しかし、自らの芸術に真摯に向き合い、あらゆる美の知識を貪欲に吸収しながら、たゆみない努力を続け、ついに蓬春は、自らの目指すものとしてこれまでにない「新日本画」の創造に到達する。そして晩年に至り、「油絵と日本画はそもそも絵の具がちがう。その絵の具を使って日本画は装飾性を発達させてきたし洋画は写実を追究してきた。(中略)日本画の顔料が持つ特殊性これを生かさないと。」(『富山新聞夕刊』昭和40年(1965)6月14日)と語る言葉には、油彩画と日本画という二つの世界を知り、その狭間で苦悩したからこそ得られた本質への深い理解があり、そのことが「新日本画」創造への原動力となったともいえるだろう。
蓬春は、若かりし頃に描いた油彩画を戦時中も手放すことなく生涯大切に所持していた。そこには蓬春のどんな想いが託され、それらの油彩画は私たちに何を伝えてくれるのか―――。
蓬春芸術の出発点ともいえる油彩画と戦前戦後を通じた日本画を一堂に会し、通観することで「新日本画」に込められた蓬春の世界観とその魅力を探る。
前期:12月1日(土)~1月6日(日)
後期:1月8日(火)~2月3日(日)
※会期中に一部展示替えを予定。
※展示作品は都合により一部変更することあり。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日(12月24日、1月14日除く)、12月25日(火)、1月15日(火)、年末年始(12月29日~1月3日)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円、高校生以下無料

※20名以上の団体(一週間前までに予約した場合)は100円割引き
※障がい者手帳尾をお持ちの方と、同伴者1名は100円割引き
※連携館100円割引き:葉山しおさい公園・博物館(大人券のみ)、神奈川県立近代美術館 葉山(企画展の一般券・学生券のみ)
※年間入館券、1800円(発行月から翌年の同月末日まで有効)

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play