Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

佐賀・長崎のやきものめぐり

19/4/6(土)~19/6/20(木)

戸栗美術館

現在の佐賀県および長崎県の一部は、江戸時代においてはやきもの大国として名高い肥前国だった。中世までは目立ったやきもの生産は行われてこなかったが、16世紀末、その状況が一変する。朝鮮半島から陶工が渡来し、まずは陶器の焼造を開始。それが唐津(佐賀)を中心とした唐津焼で、ほどなく北部九州一帯に製陶技術が伝播した。とくに、江戸時代に武雄(佐賀)で焼造された陶器は古武雄と呼ばれる。
また、唐津焼生産が行われていた佐賀鍋島藩領の有田(佐賀)では、17世紀初頭に日本初の国産磁器の焼成に成功する。出荷港名を取って伊万里焼と呼ばれたそれらの磁器は、白い磁肌に色とりどりの絵付けで国内外の人々を魅了。有田のみならず、隣の武雄や嬉野の志田などにまで窯が広がり、膨大な量が焼造された。17世紀後半には、伊万里焼の技術を基盤として、佐賀鍋島藩が徳川将軍家への献上を目的に、鍋島焼を製作しはじめる。また、有田での磁器誕生から間もなく、大村藩領の波佐見(長崎)、やや遅れて平戸藩領の三川内(長崎)でも磁器焼造に成功。肥前国は一躍、現代まで繋がるやきもの大国としての途を歩む。
本展では館蔵品の中から佐賀の古伊万里を中心に、鍋島焼や古武雄、志田焼、長崎の波佐見焼と三川内焼、そして現代の有田焼を一堂に会する。個性豊かなやきもの鑑賞を楽しんでほしい。
※同時開催
特別展示室「磁器誕生から100年の変遷」
1階やきもの展示室「伊万里焼ができるまで」

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、第4週を除く月曜、5月7日(火)休館(ただし、4月29日・5月6日は開館)

※金曜は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※第4月曜(4月22日・5月27日)は、展示室でお話ししながらご鑑賞いただけるフリートークデーとして開館。

料金

一般1000円、高大生700円、小中生400円

※団体20名様以上で200円割引
※月27日(土)から5月6日(月・振休)の間、小中学生は入館料無料。受付にて年齢のわかるものをご提示ください。

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える