Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

秋山泉展

19/7/5(金)~19/7/11(木)

Bunkamura Gallery

微かな吐息でも消えてしまいそうな灯(ともしび)。無機質な空間に佇む数々の食器。Bunkamura Gallery初個展となる画家秋山泉。
鉛筆と紙というシンプルな画材を用い、静物や空間を描き出し、個展・グループ展だけでなく国内外のアートフェアで活躍する今注目の現代作家である。
表と裏、誰しもに内包されている両極端の感覚が人間の人格を形成するかのように、画面上を照らす光と影が調和をもたらした時、初めて彼女の作品は産声をあげるのである。
水面に放たれた波紋のごとく静かに広がりを見せる大胆な余白は、背景の粋を越え対象物の存在意義を示し、そこから浮かび上がる自立したモチーフは、濃霧の中でも光り輝き自らの存在を主張する生命力を感じさせる。今展では新作・旧作を織り交ぜ代表的なモチーフを中心に近年の全貌を見ることができる。静寂の中からも響き渡る、心地良く流れる余韻を楽しむことができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

10:00~19:30、会期中無休

最終日は17:00まで

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む