Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル

18/11/14(水)

東京芸術劇場 コンサートホール

巨匠への道を歩むキーシン 原点と未来を見つめるプログラム ~ショパン、シューマン、ラフマニノフ~ キーシンを聴くことは、“究極”を体験することである。神童時代から今に至るまで、彼は各段階における“究極=これ以上望み得ないもの”を披露してきた。濃密かつ引き締まった音、明確なタッチ、多様な音色で奏される、隅々まで完璧に彫琢された音楽は、常に不変。たゆまぬ練磨と経験の積み重ねによって、そこに陰影や余情や深みが加わり、“究極”もさらに熟成していく。キーシンはかような稀有の道程の中で、真の巨匠へと歩を進めている。よって彼の公演に足を運べば、毎回変わらぬ最高級のピアノ音楽を聴く喜びと、パーソナルな進化に伴うサプライズを同時に味わえる。今回は、2014年以来4年ぶりの来日。若干間が空いただけに、期待値がより高いのは言うまでもない

ショパン:夜想曲第15番 ヘ短調 Op.55-1、夜想曲第18番 ホ長調 Op.62-2/シューマン:ピアノ・ソナタ第3番 へ短調 Op. 14/ラフマニノフ:「10の前奏曲」 Op.23から
1.嬰ヘ短調 2.変ロ長調 3.ニ短調 4.ニ長調 5.ト短調 6.変ホ長調 7.ハ短調、「13の前奏曲」 Op. 32から10.ロ短調 12.嬰ト短調 13.変ニ長調

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席:19,500円
A席:16,500円
B席:13,500円
C席:10,500円
D席:7,500円

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play