Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

天国の晩餐

1959年、カストロの指導する革命が成功し、バチスタ独裁体制は崩壊した。多くのブルジョワたちは身の安全のためキューバを去った。だが、名門オロスコ家の人々は、祖国にとどまることを選んだ。当主セバスチャンは、すぐ旧体制が復活すると信じていたのだ。やがて反革命軍の侵攻や海上封鎖が行われ、オロスコ家の人々は時来たりと喜ぶが、すべて失敗に終わった。歳月がたつにつれて、オロスコ家の人々は邸内に閉じこもり、自給自足の生活を始める……。資本主義から封建制へ、さらに奴隷制からカニバリズムへと逆行するブルジョワたちの姿をブラック・ユーモアで描く。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play