Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)光の短歌映画プロジェクト

ひかりの歌

19/5/8(水)~

広島横川シネマほか

『ひとつの歌』の俊英が短歌を基に描く人間ドラマ

デビュー作『ひとつの歌』が高い評価を得た杉田協士監督から7年ぶりに届いた人間ドラマ。ある人への思いを引きずったまま孤独の中にいる女性4名の心模様を描き出す。杉田監督と歌人の枡野浩一が映画化を前提に開催した“光“を主題にした短歌コンテストで集まった1200首の中から4首を選出し、その短歌からひとつの物語を紡ぎあげた意欲作。

都内近郊で暮らす詩織、雪子、今日子、幸子の4人は、それぞれにある人への思いを抱えながら、それを相手に伝えられないままの日々を送っていた。他界した父親、長く行方知れずの夫などに思いを馳せながら、彼女たちは自身の新たな人生の一歩を踏み出していく。