Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

灰とダイヤモンド

アンジェイエフスキの同名小説の映画化で、「世代」「地下水道」とともにワイダのレジスタンス3部作を構成している。戦争中は対独レジスタンス運動に青春を燃焼させ、戦後はテロリストとなって悲惨な末路を遂げる青年の姿を描いた傑作。1945年、ワルシャワ反乱の生き残りで反ソビエト派のテロリスト、マチェクはソビエトから来た共産党地区委員長、シュツーカ暗殺の指令を受ける。だが、マチェクは人違いで二人の男を殺してしまう。シュツーカの息子は反ソビエト反乱者として逮捕され、銃殺の判決を受けていた。マチェクは夜、息子に会いに行こうとするシュツーカの暗殺に成功し、その晩、ホテルでクリスティナという女と一夜をともにする。翌朝、マチェクは町を発とうとするが、衛兵に発見されて撃たれ、ゴミ捨て場で悶え死ぬ……。長い間、地下水道に潜んでいたために目を痛めたというマチェクの黒眼鏡が印象的である。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play