Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

君がいた夏

マークが少年の頃いつも一緒にいた、6歳年上の従姉が自殺した。遺書には、遺骨の安置場所をマークに託してほしいと記されていた。一時は野球の天才バッターとして華々しいデビューを飾ったこともあるマークも、今は怠惰な生活を送ってうらぶれていた。そして彼は、従姉にふさわしい場所を探し求めて、傷心の旅に出る。一人の男の人生の節目節目に、必ずそばにいて勇気づけた従姉の死を通して、甘く苦い初恋の記憶をたどる感動作。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play